光脱毛できれいに脱毛

24.09.12 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

光脱毛は、特定の波長の強力な光を肌に当て、メラニン色素を加温する方法です。メラニン色素は毛母細胞付近に多く潜んでいるため、毛母細胞に集中的にダメージを与えることができます。

クリニックで主流となっているレーザー脱毛と比べても、痛みは少なくなっています。また、一回にかかる施療時間も短くて済みます。

たとえば、ワキなら面積が小さいこともあって、15分程度ということさえあります。たいていの部位は30分ぐらいなので、予約さえ取れれば、ちょっと立ち寄る程度で済みます。
ワキの脱毛は気軽にできるので人気が高い脱毛コースです。

また、光脱毛には毛穴自体を小さくする効果があります。毛穴が目立たなくなるので、お肌が引き締まります。また、メラニン色素が少なくなることにより、シミやソバカスへの対策ともなります。

エラが気になる時は

27.08.12 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

エラが張っているので、ここを削りたいと思いますが、整形はやはり抵抗があります。筋肉やむくみはガンバレば落とすことができると思いますが、骨格の修正はやはり難しいですね。フェイスラインをキレイにするにはペットボトルを使った顔体操が効果的と聞きましたが、
小顔のエステでもシワが消える顔体操を教えてくれるので、一度は利用してみる予定です。小顔になるために矯正してくれるカイロプラクティックを利用する人も多いですが、噛み癖を直したり表情筋の使い方なども直していかないと効果は薄いかも知れません。顔の骨を気軽に削ることはできませんので、顔やせエクササイズを頑張ってきれいな肌を手に入れることで今のところは我慢するつもりです。口をふくらませて腹筋から息を押し出すと姿勢も良くなり体の中からキレイになれるのでコレも続けていますが、顔の表情筋はどんどん使わないとやっぱり落ちてくるなと思います。でもあまり表情豊かすぎるのもシワが増える原因なのでいろいろと複雑な気持ちです。

しみを防ぐ一番の方法は?

27.08.12 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

シミのできる原因には、

・紫外線によるダメージ
・体内のホルモンバランスの崩れ
・遺伝的なもの

などが挙げられますが、そのなかで最も大きな要因は紫外線です。
その対策として以下に挙げてみました。

・美白化粧品や日焼け止めクリーム+UVカットファンデーションなどを使用する。
SPF値が15以上の物を使いましょう。
SPFは6から50+までありますが、数値の高い物には肌への刺激が強くかぶれやすい物がありますので注意してください。
また、外出時にはUVカットファンデーションを2時間おきに塗り直すとより効果的です。

・帽子や日傘で紫外線を物理的に遮断する。

・白っぽい服を着るよりも、紫外線を吸収してくれる黒っぽい服を着る。
意外に思われるかもしれませんが、透過性の高い紫外線は夏場の白い服の生地を透過してくる場合があるのです。

・食事やサプリメントでメラニン色素の生成を抑えるビタミンCを補給する。
人間はビタミンCを体内で作り出すことができないので、100%外部から取り入れる必要があります。

・1日の内で紫外線量の多い午前10時から午後2時までの外出を控える。

一般的に5月から8月にかけて最も紫外線量が多くなると言われていますが、そのほかの期間でも油断は禁物です。
特に雪の積もる地域では紫外線が雪で反射されて上と下から2倍の紫外線を浴びることになってしまい、夏とあまり変わらない量になると言われています。
冬にスキーなどをされる方にも同じことが言えますので充分な対策を行いましょう。